呪術 廻 戦 ネタバレ 138。 【呪術廻戦】138話のネタバレと考察・感想|呪術廻戦のネタバレ考察

ネタバレ 138 廻 戦 呪術

🤚 虎杖の命を狙う乙骨に続き、伏黒恵の命を狙う禪院直哉という新キャラが登場した138話。 しかし猪野が戦う降霊術を使う呪詛師は、とんでもない霊を降ろしてしまうのでした。

ネタバレ 138 廻 戦 呪術

🤪 その後、女中から恵が東京で虎杖を捜索していると聞くや、当主の座欲しさに 虎杖を殺す名目で東京に向かい、魔境と化した東京で事故に見せかけ恵を殺すと決意する。

17
ネタバレ 138 廻 戦 呪術

⚡ お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 落花の情が御三家のみに伝わっていたのもその例。 しかも、呪術総監からは東京の呪術高専は嫌われているようで 学長である夜蛾正道も総監部から死罪の申告が出ているため 東京の呪術高専自体が崩壊してしまうという可能性も高いですね! そんな状況になれば虎杖たちも居場所がなくなってしまうことでしょう。

ネタバレ 138 廻 戦 呪術

♻ そして遂に任務終了の日になり、高専に帰ってくる五条達。

18
ネタバレ 138 廻 戦 呪術

🍀 禪院家の使いの者の情報では 伏黒は東京で虎杖悠二の捜索を行っているようで その情報を聞いた直哉は 「恵君は宿儺の器のとこおるんやろ?」 「二人まとめて殺したる!」 「今の東京は魔境や」 「人がいつどう死んでも関係あらへん」 「殺してしまえば後のことはどうとでもなる」 「禪院家当主は俺や」 *渋谷事変の後を描くような回想シーンとなっていたので、 すでに夏油は逃げてしまいその後の展開となっていました! 九十九はあの場にいた人物は救ってあげたようで その後、虎杖に対し 「君はどうする?」と聞いていました。 呪術総監部の上層部は五条と夜蛾学長や虎杖に渋谷事変の責任を被せ、虎杖の死刑執行役として乙骨憂太を差し向けるのでした。 直哉は禪院家相伝の術式を受け継いでない可能性が高いです。

ネタバレ 138 廻 戦 呪術

💖 場面はコンビニでお弁当を漁る少年のシーン。 禪院家当主の座を守るべく、直哉は東京へと向かう。 脹相は2人の弟の死を事故と判断しているため、虎杖を責めません。

11
ネタバレ 138 廻 戦 呪術

🚒 しかし自分が戻りたいかどうかの問題ではないという虎杖。 直哉が部屋に入ると、同じく特別1級呪術師の禪院扇・禪院甚壱が遅刻した直哉を嗜める。 【呪術廻戦】138話禪院家のネタバレ! 場面は禪院家に変わり、次期当主である直哉が登場します。