甘い イチゴ の 育て 方。 家庭菜園のいちごを甘くする方法。甘いいちごを育てるコツ

方 育て イチゴ 甘い の

🤑 水やり 植えつけ後はたっぷりと水やりをしますが、その後は 土の表面が乾いた時に水をあげます。 一季成り品種の場合はだいたい5月で収穫が終わりますが、四季成り品種の場合はそのまま秋まで収穫できるため追肥も続けなければなりません。

8
方 育て イチゴ 甘い の

😭 イチゴの甘味に関してはまず品種の問題、栽培過程での日照や肥料によって甘くなるので、赤くなってから放置すれば甘くなるというわけではないです。

11
方 育て イチゴ 甘い の

⌛ 毎日あげる必要はありません。 逆にヘタが下を向いているものは収穫から日にちが経っていると考えてよいでしょう。 しっかりと、毎日観察して適切な水分量を見てあげるようにしましょう。

4
方 育て イチゴ 甘い の

💋 ランナーに根が出てきたら親株から切り離し、植え付ければOKです。 ちなみに今年は時間こそかかりましたが、現時点で病気の株は一本のみでした。

7
方 育て イチゴ 甘い の

👀 また実がなったときも土に触れないため衛生的です。 家庭菜園なので間引かず小さい実を楽しんでも良い 一応、敵花や摘果など養分を分散させず、残した実に集中させるのが一般的なイチゴの王道の栽培方法なのですが、農家さんのように市場に出荷する必要もないので、成った実をすべて赤くなるまで放っておいても構いません。

1
方 育て イチゴ 甘い の

☭ また同じところから、何回も花が咲きます。

6
方 育て イチゴ 甘い の

♨ それも、半端では無い高さの40cmくらいの高さがあります。

方 育て イチゴ 甘い の

😉 イチゴは弱アルカリ性の土を好みます。 とよのか 上記の品種が甘くなる代表的な品種として取り上げられています。 化成肥料ならば、緩効性の化成肥料で、数ヶ月かかって分解されて、養分が放出されていくタイプのものがあり、便利です。