フラッタ リング。 壊れたエンジンを分解・検証!エンジンの圧縮が抜けた原因はピストンリングのスティック現象だった

リング フラッタ

🤝 解答は一緒です。 スローリトリーブやスローなリフト&フォールでじっくり誘うことにより、食い渋りのフラットフィッシュも思わず飛びつく。

20
リング フラッタ

😚 問題はピストンリングに起きています。 腰下で圧縮が抜けるとなると、ピストンが一番怪しいのでピストンを抜いてみたんですが、もう見た感じでなんとなく原因がわかった。

7
リング フラッタ

⚓ - 1941年4月17日にフラッターに現象よる空中分解事故を起こし、パイロットが殉職した。 ステディリトリーブ(タダ巻き)では強烈にテールがフラッタリングロールし、大きな水流、視覚効果でフラットフィッシュにアピール。 (3)最後にワームキーパー3をワーム保持穴にしっかりと差し込んで完成。

リング フラッタ

⚒ エンジンが力無くてもかかっているということは、タイミングベルト切れとかではなさそうです。 ブレーキキャリパやキャリパピストンなどにも、工夫がたくさん。

3
リング フラッタ

😙 ところが実際に採用されたのはたったの3本だけだったとか……。 しかし,気を付けなければいけないのは, 幅と厚みを逆に覚えてしまったら,この問題は解けない点です。 外した古いピストンをなぜに測定するのか? その理由は 測定部の摩耗測定、首を振るピストン側頭部の摩耗量を知りたいからです。

10
リング フラッタ

🚀 アクションはスローなステディリトリーブ(タダ巻き)でわずかにテールを震わせる微波動アクション。 写真はオーバーホールで入庫したS2000の走行 距離が16万㎞の個体から取り外したピストンです。

13
リング フラッタ

🤚 これはスティックという現象。

18