杉浦 日向子。 ほろ酔い気分が最高。酒と暮らしの楽しみを綴る、杉浦日向子エッセイ

日向子 杉浦

✔ 数ページの短い漫画でした。 しかし、数学や物理が好きな、理系少女でもあった。 『一日江戸人』(1998年、小学館文庫 のち新潮文庫)• 評論家、『週刊金曜日』編集委員。

日向子 杉浦

🚒 『』は不穏なタイトルに惹かれ購入した一冊。 その杉浦がとりわけ傾倒した浮世絵師が、明治初期に活躍した井上安治であった。

17
日向子 杉浦

🤚 杉浦日向子作品解説 二つ枕 (「ガロ」'81年8月号~11月号) すべて浮世絵風の絵柄で描かれている漫画。 旅先で不意に読みたくなって、行きずりの本屋へ、文庫を探し回ることがある。 表現として振り切っているのだが、生身の人間の可笑しみと哀しさが詰まっていて、一頻り笑った後にしんみり。

8
日向子 杉浦

☺ こう書いてしまうと薄っぺらいが、やはり有名なのには理由があるのだ。

日向子 杉浦

👉 当時のことはなぜかよく覚えています。 〈浅草橋夕景〉〈蛎殻町川岸の図〉・・・・・・隅田川沿いの暮れゆく町のゆったりしたたたずまい、静まりかえったたそがれが小さな画面の中に奇跡のように描かれている。

7
日向子 杉浦

🤪 『うつくしく、やさしく、おろかなり 私の惚れた「江戸」』(2006年、筑摩書房、のちちくま文庫)• そんな気持ちだ。

4
日向子 杉浦

🙌 杉浦日向子さんの突撃レポーターといったイラスト入りの取材記です。

12
日向子 杉浦

📱 この頃より江戸風俗研究家としての活動を始める。 荒俣宏と結婚するが、互いに多忙のため同居せず。

8