ミスミソウ。 ミスミソウ最後のシーンが意味不明?タイトルの由来と意味とは?

ミスミソウ

😘 magna 〃 (スハマソウ)/ Hepatica nobilis Schreb. 一時的に春花に注目が集まったおかげで、イジメられずに済みましたが、彼女が不登校になったことで再びイジメられるように。 流美を何度も殴りつけます。 特に、赤と白の対比 血の赤が映えるように、主人公山田杏奈には白いセーターと真っ赤なピーコートを着せたこと。

8
ミスミソウ

👉 妙子は高校卒業後に東京に出て美容師の専門学校に行きたいと希望していましたが強権的な父親に却下されていました。 優しい少女が殺人鬼となってしまった決定的なシーンです。

7
ミスミソウ

👏 春花は唯一の味方であるクラスメイトの相場晄を心の支えに、なんとか耐えていたが、いじめはエスカレートしていくばかり。 春花の家が燃えるシーン 電子版 第1巻より 第1話のラストシーンです。

5
ミスミソウ

✋ 俺と野咲ならきっと上手くやっていける。

4
ミスミソウ

☯ 感想 イジメに始まり、春花の自宅炎上、イジメグループへの復讐、信頼していた人の裏の顔、人が抱える心の闇などを通して、計り知れない憎悪とそこから生まれる恐怖をリアルに感じることができてしまう作品だと思います。

3
ミスミソウ

😆 そこからは流美が家を封鎖して父親と妹を閉じ込め、外から火をつけた…。 春花のことは当初から邪魔者扱いしていた節があり、春花の転入時には歓迎するどころか「くれぐれもクラスをかき乱すようなことはしないように」と冷淡な口調で警告していた。 心配をかけた祖父や、今は亡き両親と妹のことを想いながら、春花はゆっくりとうずくまるのでした。

12
ミスミソウ

☯ 流美は妙子に気に入られようと放火までしたのに、全く自分を助けようとしてくれないことで恨みを募らせていたのです。 監督は知らなかったけど、シリアスな作風が上手いと感じた。 両親はふたりとも亡くなってしまいます。

ミスミソウ

✇ いじめは徐々にエスカレートしていき、ついには春花の家族にまで手が及ぶ。 かっこいいですね! 放火され燃える家。

9
ミスミソウ

😉 廃校まで間がないことを挙げ、事を荒立てないでほしいと、南先生は父親に文句をつけます。