今井 宗久。 今井宗久を簡単解説!織田信長、明智光秀との関係性とは?

宗久 今井

🤫 一旦は神奈川県小田原市に移築されましたが、昭和53年(1978年)に堺市に寄贈され、昭和55年(1980年)10月、現在の場所 大仙公園内 に移築されました。 光秀があまり成長していなくて単調に見えてきた。

19
宗久 今井

☕ 松島の茶壷は本能寺の変で焼失してしまったんだけど、信長が本能寺に持っていたということになるよね。 違う名字でも元を辿ると繋がることもあるのかもしれませんね。

7
宗久 今井

🤘 堺市博物館の前に茶亭黄梅庵が移築されている。 翌年、ついに織田方と石山本願寺が開戦。 記録によれば1573年に 京都妙覚寺で茶会が催され、堺代官だった松井友閑をはじめとして千利休、山上宗二といった当代一流の茶人たちも加わっていますね。

宗久 今井

⌚ 制作陣のキャスティング力が最高すぎる」 「いつもおちゃらけを言って、演技もおちゃらけですが この役の演技は良かったです。 そこで、納屋宗次宅にて暮らしていました。

10
宗久 今井

💓 今井宗薫には嫡男・宗呑がいましたが、父・宗薫より先に亡くなり、次男・兼隆が跡を継いでいます。

17
宗久 今井

🤘 駒(門脇麦)を頼り、事情をよく知る伊呂波太夫(尾野真千子)の元へ。