米津 県 師 感電 歌詞。 米津玄師 感電

県 師 感電 歌詞 米津

👉 「正論と 暴論の 分類さえ出来やしない街を 抜け出して互いに笑い合う」のが伊吹のモットーのようです。 行方は未だ不明• ダークな雰囲気の「中毒性」は単なるメタファーで、実際はむしろもっと 「遊び心」のように感じられます。 この点は、伊吹の 「終わりよければすべて良し」とする性格と合致します。

4
県 師 感電 歌詞 米津

🎇 世の中は狂っているけど、僕らは自分らしく笑っていよう。

16
県 師 感電 歌詞 米津

⚒ これは 童謡「いぬのおまわりさん」からインスピレーションを受けていると筆者は解釈しています。

県 師 感電 歌詞 米津

⚒ もくじ• ここはドラマの回を追っていきましょう。

18
県 師 感電 歌詞 米津

🖐 獣道 ボロ車でゴーゴーゴー ねえどうしよ? ここどこでしょ? ハンドルを手放してもういっちょ アクセルを踏み込もう 出たい場所に出られず虚しさを感じ、仕方なく四輪車で突き進む。 実は感電の謎を解くには• この後に続く 「くたばるまで」というフレーズからも、 逃れられない持病を暗示しているのかもしれません(推測の域を出ませんが) こうした不安要素を抱えながらも、2人で永遠に笑える将来を目指して行くのでしょう。

県 師 感電 歌詞 米津

😘 聴いた人の前進を痺れさせるという意味でも「感電」なのかもしれません(笑) ドラマに寄り添いながらも自身の境遇を溶け込ませた素晴らしい作品でした。

県 師 感電 歌詞 米津

🐲 伊吹は志摩とバディを組むまで、 短期間で次々と部署を異動してきました。

15
県 師 感電 歌詞 米津

🤫 メロディ:「イナヅマのように…生きていたいだけ」 J-popド定番の王道進行を用いたのはこの歌詞を聴かすためでしょう。

6