ゾム 小説 受け。 【w.r.w.r.d】どうしたんや、ゾ.ム…

受け ゾム 小説

😉 物欲しげな子供に伝わるように大袈裟に、子の意識を惹きつけるようににこやかに。 栗毛色で少し伸びた毛を後ろに縛っており、澄んだ緑の瞳が少し長めの睫毛から見え隠れする。

受け ゾム 小説

😊 ゾムさんが他国に赴いては情報を取ってきてくれて、邪魔な上層部があれば暗殺してきてくれるから私達もスムーズに仕事を進められるんや。 これでええか?」 ロボロ「ええよ。

受け ゾム 小説

🤩 それに、そないなこと言うんやったらゾムも顔半分しか見たことないねんで」 フードで隠れてるしな ゾム「あ~そういやそうやったわw…なあロボロ」 ロボロ「おん?なんや」 ゾム「俺ロボロの瞳の色知りたいやんな。 仕事を任せればきちんとやり遂げるし、真面目だから団体での訓練の後に時間を作っては自主訓練までしてはるって! 伸びしろもあるから、頑張った分技術面も伸びてきてるしね。

11
受け ゾム 小説

🚒 実はこの短編集、初投稿なんです。 呼ばれたエーミールとショッピは首を傾げながらも手招きしたDr.クラレの元へと歩いてくる。

10
受け ゾム 小説

☏ ショッピがおずおずと頭を下げる。 ゾム「なんか言えや」 ロボロ「お、おお。 リクエスト大歓迎。

受け ゾム 小説

😙 ゾム「なあなあ」 ロボロ「おん?」 ソファーに寝っ転がっているゾムの腹の上で寝かけてたわしにゾムが話しかけてきた。

7