ゆで卵 賞味期限。 ゆで卵の保存方法と賞味期限は?冷蔵庫に入れるのが基本!

賞味期限 ゆで卵

✊ 卵の賞味期限は「生食でも安全な期間」であり、サルモネラ菌が増殖しない期間を目安に定められています。

17
賞味期限 ゆで卵

🚒 ここまで、卵の賞味期限や賞味期限を過ぎても安全に食べられる調理方法をご紹介しました。 生卵よりもゆで卵のほうが賞味期限が短くなるのですね! そして固ゆで、殻がついたままで保存するのがより良いということですね。 生卵は常温でも保存できますが、これは「リゾチーム」という酵素が菌の繁殖を抑えているからなんです。

賞味期限 ゆで卵

✌ また、ドア付近は開閉による温度変化が大きいので、温度が安定しやすい冷蔵室に入れるのがベストです。 これを避けるには、マヨネーズと塩を混ぜて卵フィリングにしておくといいんです。 小さじ1程度であれば、酸っぱくなるというほどにはなりませんが、これだけでも日持ちには効果があります。

4
賞味期限 ゆで卵

😋 しかもこの2週間というのは、「消費者に安心して食べてもらえる賞味期限」というものです。 なぜなら、溶けるときに白身から水分も同時に抜けてしまい、白身がスカスカのスポンジのようになり味が格段に落ちてしまうからです。 また、卵白は解凍後ある程度は元の状態に戻りますが、卵黄は固まったままで生食には向かないそう。

10
賞味期限 ゆで卵

👏 ただし、きちんと品質管理した場合の日数なので、家庭では固ゆでの殻付きゆで卵を冷蔵庫で保存した場合、3~4日を目安に食べ切るようにしてください。

20
賞味期限 ゆで卵

🚀 生卵が冷凍に向いていない理由 生卵を殻付きのままで冷凍すると、中身が膨張して殻が割れてしまいます。 殻の割れた隙間から細菌が入り込みやすく、早く傷んでしまう可能性があります。

9
賞味期限 ゆで卵

💢 しかし実際は加熱することで、かえって雑菌が増えやすくなってしまうんですね。 ちなみに日本の卵は生食可能な期間が短めに設定されているので、実際は賞味期限を少し過ぎても生食で大丈夫とされているんですけど…。 一つ言えるのは、常温保存してリスクを背負うよりも 冷蔵庫で保存した方が良いということです。