ガリバー 旅行 記 ラピュタ。 翻訳で読む18世紀イギリス小説:スウィフトの『ガリヴァ旅行記』

ラピュタ ガリバー 旅行 記

👌 彼は昨日の民党(ホイッグ)支持を捨てて、反対党の王党トーリーに走った。 物を食べ、飲み、排便し、眠り、筋肉を動かすことが、このミニチュア世界での彼の社会的存在のすべてなのだ。 国民はこの命令に対しそう腹を立て歴史に記されたところではそのために6回の反乱が起こりました。

ラピュタ ガリバー 旅行 記

🚒 いかがだろうか。 これを機会にもう一度読み返してみるのはいかがだろうか。 それ以来、イギリスでは、国王が聖俗のトップである。

2
ラピュタ ガリバー 旅行 記

🤛 74-5) [11]我輩は【宮殿の】いちばんの内苑まで達すると、横向きに寝転んで、二、三階の窓に顔を当ててみた。 ラピュタは空飛ぶ島で、バルニバービはラピュタに支配されている。

10
ラピュタ ガリバー 旅行 記

🚒 画像・動画の添付フォーム実装。 『ガリヴァー旅行記』の登場人物を紹介! レミュエル・ガリヴァー この作品の主人公で医者。 若い女と結婚するなと、彼は密かに誓ったとも言われる。

11
ラピュタ ガリバー 旅行 記

🤙 だがついに奴[やつ]らのうちの数匹は、背後の枝をつかむと、ヒラリと樹上に躍り上がって、我輩の頭上から彼らの排泄物[はいせつぶつ]をジャージャーやりはじめた。 食糧を得るためだが、食料品店はもちろん、穀物も果物もない。 確かそういうのは「ガリバー旅行記」に出てたなあと思って。

ラピュタ ガリバー 旅行 記

😇 再び政治界の活躍時代が来た。 206) [39]【ごちゃごちゃした下世話な現実世界を、頭で考えた理想的・抽象的・人工的な観念の「型にはめる」。

ラピュタ ガリバー 旅行 記

📲 スウィフトの書簡によれば、作品本体は、第1篇と第2篇のテーマに基づく部分が1720年に書き上げられ、次に第4篇が1723年に、第3篇が1724年に書き上げられたことが分かっている。

13
ラピュタ ガリバー 旅行 記

👏 だから、お前も、もし生命が惜しければ、二度ともうそんなことを申すな。 】 ……以下は我輩の答えだが、もしさいわいにストラルドブラグに生れたとしよう、さすれば……まずあらゆる手段方法をつくして金儲[もう]けをしようと思う。

ラピュタ ガリバー 旅行 記

👐 以下、新潮文庫版『ガリヴァー旅行記』の中野好夫氏の解説から、スウィフトの紹介文の一部を引用する。