生駒 山麓 公園。 大阪市内からも近くて便利な生駒山麓公園ロッジ、アウトドア初心者でも安心

山麓 公園 生駒

🐝 (引用:) 2009年の6月までは生駒市が運営をしていたのですが、2009年7月より民間の事業者に運営を任しており現在はmont-bell(モンベル)が運営をしています。 バーベキューとキャンプは利用料と施設使用料が必要なようです。

8
山麓 公園 生駒

👆 子供 200円(生駒市外)• ゲートボール場(2009年6月末で閉鎖)• くろんど池BBQ場の紹介はこちら 貸切バーベキュー出来る施設もあります。

11
山麓 公園 生駒

😀 空き状況に関してはネットで確認をしましょう。 生駒山麓公園までは、第二阪奈有料道路が出来て、アクセスはグンと良くなりました。

20
山麓 公園 生駒

☏ 豊富なメニューと開放感のあるおしゃれな空間• 昔生駒のケーブルカーとして活躍をしていた電車が置かれていたり、アスレチックのような夕雲あり楽しめる場所となっていますね。

8
山麓 公園 生駒

😗 野外活動センター バーベキューやクラフトなどの気軽な日帰り利用から、ロッジやテントでの宿泊キャンプまで、ご家族、学校、団体・企業など幅広く利用ができる施設となっています。

山麓 公園 生駒

💔 と言っても驚くほど安く数時間しっかりと楽しめるので料金をしては安いという印象です。 公式ホームページ: 生駒山麓公園ロッジの利用料金• 気候のよいシーズンだと駐車場に止めるために1時間、そしてアスレチックに30分並んだという口コミもありますので混雑を避けられる時間を狙っていきましょう。 の及び(南口)から山麓公園行きのバスが運行されており、山麓公園から帰宅専用(駅行き)のバスも運行されている(1時間に1便運行、片道大人200円・小人および障がい者とその介助者100円)。

17
山麓 公園 生駒

🐲 環境美化費 1人20円 生駒山麓公園ロッジの予約方法• ・無理そうなものはパスをしましょう。 営業時間は10:00~17:00で夜は宿泊者用に代わります。

13
山麓 公園 生駒

😁 生駒から歩けるかと言われると約2時間くらいと思っておきましょう。

17
山麓 公園 生駒

📲 料金は100円。 生駒山麓公園の施設 キャンプ・デイキャンプ・BBQの他、 ナイター設備のあるオムニテニスコート5面や ボール遊びのできる、甲子園球場のグランドと同等の広さがある多目的広場や スタートからゴールまでアップダウンのある約800m約1時間のコースがあるフィールドアスレティック、 露天・泡・うたせ湯・白湯・サウナのある大浴場、レストランも併設しています。 実は私も保育士をしているときに何度かここのキャンプ場へ訪れたことがあるのですが、味は美味しいので生駒山麓公園で思い切り遊んでお風呂へ入って、ご飯を食べて帰る人もいるほどです。