論語 と 算盤。 論語と算盤の意味 孔子の教えと渋沢栄一の名言

と 算盤 論語

😃 世間の渋沢栄一ブームに乗り遅れないように、 さまざまな疑問の答えを 「論語と算盤」を読んだ私が 感銘を受けた名言とともにご紹介していきます! 渋沢栄一の著書『論語と算盤』は、渋沢の 生き方・考え方を中心に、渋沢が生きた明治時代の人々に向けて、 生き方を説いた著作です。

9
と 算盤 論語

👊 「渋沢栄一小伝」を読むと、 渋沢栄一のざっくり生涯が分かりますよ。

11
と 算盤 論語

🤝 だから、選択肢に迷うことなく、 ごく自然に決断できるようになるのである。 日常の計算技術。 人生はよいことばかりでも悪いことばかりでもない。

と 算盤 論語

😗 趣味は相撲(観戦)、ゴルフ、好きなものはケーキ、アイス、甘いもの。 もし秀吉が 「草履取りなんか俺の仕事じゃない」って思っていたら、 きっとすぐにクビ切られていたでしょうね (信長のことだから本当の意味で首斬られそう・・・) 最初から大きな仕事を任せられる人なんていないですし、 小さなことから経験を積ませ、成長させていきますよね。 ・人はまず自分が豊かにならなければ広く人々に施して民衆を救うことができない。

と 算盤 論語

💅 1 渋沢栄一について 渋沢栄一 1840年3月16日生 幕末の時代に生まれ農民から武士へ転身、明治政府では官僚として大蔵省(現財務省)で働く。 『幕末明治サバイバル! 小説・渋沢栄一』では、読者と同年代、少年時代の渋沢栄一を主人公にすえ、微笑ましい幼少期のエピソードから、幕末の新選組や西郷隆盛、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜などの偉人たちとの交流、そして、明治新政府の重役に就任した知られざるきっかけまで、著者の加納新太さんが想像を膨らませ、物語としてスリル満点に描いている。 出世や金儲け一辺倒になりがちな資本主義の世の中を、論語に裏打ちされた商業道徳で律する。

2
と 算盤 論語

📱 30 新型コロナウイルスで在宅ワークに限界を感じている方はどれくらいいるでしょうか。 このように、昔から私たちも散々言われてきた教えとなんら変わりません。 バランスで言うと、「論語100の算盤0」という状態です。

と 算盤 論語

😙 合本主義とは「公益を追求するという使命や目的を達成するのに最も適した人材と資本を集め、事業を推進させるという考え方」のことですが、まさにこれが「Stakeholder Capitalism」であると説きます。 簡単にいうと、 いまの日本を作った人です。 しかし、ここでも渋沢は、成功失敗の概念を超えた価値軸を提案しています。

10
と 算盤 論語

😋 「か」の力、「と」の力 「論語と算盤」からサスティナビリティやSDGs、インクルージョンを読み取ることができますが、渋澤健氏はそれらの課題に対する日本人ならではの「力」も読み取れると説きます。

13