エクセル プルダウン 作り方。 【Excel】ドロップダウンリストの選択肢が多すぎ!エクセルで2段階のドロップダウンリストで表示項目を絞り込むテクニック

プルダウン 作り方 エクセル

😛 見出し行を含めた範囲 B1:B9 を選択して、[数式]タブの定義された名前グループの[選択範囲から作成]を実行します。 元の値にデータを直接入力してプルダウンメニューに追加する方法 プルダウンを作成しているセルをアクティブにし、「データ」から「データの入力規則」をクリック。

14
プルダウン 作り方 エクセル

☝ これからご紹介するプルダウンの作成の方が一般的でしょうね。 入力を終えたら、OKボタンを押しましょう。

10
プルダウン 作り方 エクセル

💕 プルダウンリストの作り方 それでは始めていきましょう! プルダウンリストにしたいセル範囲をドラッグする まずは プルダウンリストにしたいセル範囲を ドラッグしてください。 入力規則を設定するセルを選択します。 そんな時は別のセルであらかじめ部署名を選択できるようにしておき、そのセルで選んだ部署の社員名のみが表示されるリスト入力を作っておけば効率的になります。

プルダウン 作り方 エクセル

😇 まずは無料体験でメンターに相談してみましょう。 すると、上図のような画面が出てきます。 これでインストールは完了です。

4
プルダウン 作り方 エクセル

😃 「元の値」ボックスを一度クリック、カーソルをボックス内に表示させる• 一度覚えてしまえば難しいことはありませんので、ぜひ使ってみて下さいね。 見出しを含めて範囲選択すると、見出しも選択肢としてドロップダウンリストに表示されてしまうからです。 または、selected属性が設定されている場合には、selected属性のあるタグのテキストが初期選択値として表示されます。

15
プルダウン 作り方 エクセル

😆 ちなみに、このダイアログボックスでマウスで 別シートの範囲を指定できるようになったのは、Excel2010からです。 「元の値はエラーと判断されます」、という確認ログが出るので、「はい(Y)」を選択。 入力が完了したら「OK」をクリックすれば、入力規則設定の完了です。

9