お も て 歌 の こと 現代 語 訳。 「君死にたまふことなかれ」作者与謝野晶子の意味と現代語訳

語 こと お も 訳 て 歌 の 現代

🙏 人には、実に(このような)風流な心があるべきだ。 しかし、他の時なら知らず、今宵だけは詠まなくてはいけない」などと私を責めてきたけれど、全く聞き入れもせずに中宮様の所に座っていると、みんなが歌を詠みだして、その上手・下手を評定しているうちに、ちょっとしたお手紙を中宮様がお書きになって、私に投げて寄越された。

16
語 こと お も 訳 て 歌 の 現代

🙃 今から、この返歌を差し上げようと思って、取り掛かったのだが、上達部などの高位の人たちが、雷のお見舞いを申し上げにやってくるので、西向きの部屋に出て応対しているうちに、紛れてしまった。

6
語 こと お も 訳 て 歌 の 現代

😄 人が、人でありながら仏となる坐禅は、まことに尊い姿である。

13
語 こと お も 訳 て 歌 の 現代

🖕 いみじう笑へば、「何事ぞ、何事ぞ」と大臣も問いたまふ。

11
語 こと お も 訳 て 歌 の 現代

👐 聴いて・わかる。 (郡司の)頭は黒い毛も交じっていないほど、とても白く、年老いていた。

15
語 こと お も 訳 て 歌 の 現代

⚐ 杜甫 詩と生涯 杜甫の詩28篇を漢文書き下しと現代語訳、中国語で朗読し、解説を加えたものです。

7
語 こと お も 訳 て 歌 の 現代

❤ 「ここだ」はたいへんに。

語 こと お も 訳 て 歌 の 現代

⚔ そこにはもはや、坐禅を理解しようなどという思い自体が存在しない。

語 こと お も 訳 て 歌 の 現代

👆 『長恨歌』の原文13 黄金の宮殿西の離れの玉のとびらを叩き 二人の侍女に導かれて入る 漢の天子の使いと聞いて 美しいとばりの中で夢にいた魂が驚く 衣を取り枕を押しやり行きつ戻りつ 玉のすだれを開けて出てくる 『長恨歌』の解説13 第1句「金闕西廂叩玉扃」 第1句:「西廂」は「西の離れの間」。 「一夫関に当たるや、萬夫も開くなし」(一人が関を守れば万人の敵が攻めてきても突破できない)という難しい歌詞もありますが、これは李白の詩『蜀道難』から取られています。

13