満喫 する 意味。 「堪能」の意味と使い方とは?読み方や例文で類語・対義語も解説

意味 満喫 する

☭ この堪能(たんのう)という言葉と混ざってしまったのが、仏教用語であった堪能(かんのう)という言葉です。

19
意味 満喫 する

😚 例えば、普通の人は彼が電話に出なかったとしても、「忙しいのかな?」と思うだけで終わることがほとんどでしょう。 堪能という言葉を使う時、「私はこの料理を堪能している」「私はこの料理を堪能した」と表現することが出来ます。

意味 満喫 する

💔 堪能と満喫の使い方の違い 一つ目の堪能を使った分かりやすい例としては、「おいしい料理を心ゆくまで堪能する旅だ」「父は音楽を堪能する休日を過ごす」「この丘からなら美しい景色を堪能できる」「本場スペインの味を堪能できる」「明日は絶景を堪能するプランが組まれている」などがあります。

9
意味 満喫 する

😆 実用技術における技術または技能の、あるいは、実用技術における技術または技能に関する の意• それとは別に、「十分に満足すること」という意味の「足んぬ(たんぬ)」という言葉が「たんのう」に変化し、当て字として「堪能」の漢字があてられて使われるようになりました。 「謳歌」は、人々が声を揃えて歌う、褒めたたえるといった意味がありますが、一般的には 「沢山楽しんでいる、喜んでいる」といった意味で使います。

16
意味 満喫 する

😜 元々「堪能」という言葉は、「堪能(かんのう)」と読む言葉で、この言葉が「学芸や技能が優れているさま」という意味を持つ言葉でした。 友人などを食事に誘う場面の例文で考えると、更にわかりやすいでしょう。 また、楽しいイベントや、快適な環境を十分に楽しむ時も 「満喫」という言葉を使う事ができます。

意味 満喫 する

🤟 また欲望が満たされて満足ということでもあります。 また、いわゆる 「漫画喫茶」の略称となる 「漫喫」と表現したい時に、パソコンやスマホで変換することができない場合、この 「満喫」が候補として出てくると、そのまま 「漫画喫茶」の意味で使われる場合があります。

6