お聞かせ願いたく。 「したく」の使い方と例文・敬語の種類・したくの別の敬語表現

お聞かせ願いたく

👈 どんな相手(会社)かがわからなければ、快諾しようがありません。 jp【1】 弊社のメイン業務は、アパレル系のコンサルティング事業です。 私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。

お聞かせ願いたく

😝 pdf 27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お ご ……申し上げる」 の形しか使わないと理解しています。 従って、「~いただきたいと考えます」の方は不自然になります。

16
お聞かせ願いたく

💖 よくわからない会社の依頼は聞いてくれないこともあります。

お聞かせ願いたく

♥ 信用ならない相手(会社)と取り引きをすれば、自分の信用に傷がつきかねないからです。

11
お聞かせ願いたく

☘ (難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。

16
お聞かせ願いたく

💋 「したく」には、「する」や「行う」といった表現の意味がありますが、これを先述してきたように「~したくありません」や「~したく存じます」を例にしてご紹介します。 友人や同僚を相手に使う場合でも、自分が敬意を払う相手であれば、違和感のない使い方だといえます。

11