フォシーガ 心不全。 尿に糖を出す糖尿病薬、フォシーガ(SGLT

心不全 フォシーガ

😙 2型糖尿病合併の有無に関わらず、左室駆出率が低下した心不全の治療薬として 欧州で承認された最初のSGLT2阻害剤 アストラゼネカのフォシーガ(ダパグリフロジン)は、2型糖尿病合併の有無に関わらず、左室駆出率が低下した症候性の慢性心不全の治療薬として欧州で承認されました。

心不全 フォシーガ

😩 効能等追加品目の一覧 今回承認された効能等追加品目の一覧です。 急性心不全:急激に進行し、治療に緊急性を要する• その他. 特徴としては、低血糖リスクが低い、体重減少効果、血圧低下、脂質改善(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセリド)などがメリットとされています。

9
心不全 フォシーガ

🤙 現時点では、まだ適応追加されていません。 また心不全は65歳以上で入院する方の理由として最も多い疾患で、臨床的および経済的に大きな負担となっています11。

心不全 フォシーガ

😛 近位尿細管は、血液中から取り出して必要なものを体内に取り込み、不要なものを尿として排泄する働きをします。 まとめ 慢性心不全の発症原因に、糖尿病などの生活習慣病があげられます。 体重増加 などが課題として懸念されています。

15
心不全 フォシーガ

⚠ 「今回の承認は、症状を改善し入院を減少させるだけでなく、生命予後を改善するという、左室駆出率が低下した心不全に対する全く新しい治療法を医師に提供することになります」。

8
心不全 フォシーガ

🤜 Eur Heart J 2008; 29:2388-2442. DAPA-HF試験は、フォシーガの心血管および腎に対する効果を評価する臨床プログラム「DapaCare」の一部。

2
心不全 フォシーガ

👋 このプログラムではまた、P3相DAPA-CKD試験において慢性腎臓病患者の治療を検証している。 フォシーガは、心血管死または心不全の悪化(心不全による入院を含む)による複合評価項目が、プラセボと比較して統計学的に有意に低下したことを示した最初のSGLT2阻害剤です。 まずは 経口血糖降下薬の少量から開始されることが多いです。

8
心不全 フォシーガ

📲 アストラゼネカの循環器・腎・代謝領域について 循環器・腎・代謝疾患はアストラゼネカの主要治療領域のひとつであり、当社にとって重要な成長ドライバーです。

4